動画再生

ABOUT
DOUXTEEL

日常をアートに。

DOUXTEELは、自然界の全てのものをミューズとして活力と現代的な美学を備えた生きた器に金属を彫ることに専念し、それを人生に溶け込ませ、使いこなせ、そして暮らしよりも 高くさせ、日常をアートにすることを期待しております。

永久的な収集に値する人生のあらゆる断片を作りましょう。

DOUXTEELの優れた職人技は、板金工場での30年近くの経験に由来し、冷間金属との共存に慣れるから「あらゆる材料を徹底的に使用し経済を循環させる使命」という最も情熱的 な信念を引き出しています。

日常の繊細な美しさを磨く。

DOUXTEELは、高水準の工法により、材料の使用率を業界 トップの97.5%に引き上げ、自然からモデリングの美しさ を学ぶだけでなく、持続可能な発展についても理解しており ます。
そして、暮らしを芸術のレベルに完全に到達させるために、 DOUXTEELは更にあらゆる分野の専門家と協力して、革新 的な発想と絶妙なスキルで日常生活の繊細な美しさを洗練し 、結晶化させ、あなたにそれを贈ります。

DOUXTEELの食器や調理器具はどれも自然の風景のようで 、時を経て描かれ、時の磨きに耐えることができ、エレガン トで並外れたスタイルであなたの人生のあらゆる貴重な瞬間 に同行します。

ムーンプレート

純真ティーセット

板金曲げの技法と折り紙という子供の遊び表 現を出発点として、一連のティーセット製品を設計しました。

また、点線の工夫は板金加工の変換と軌跡を 表しており、日常的に使用する楽しさを物語 っています。

湾曲型アロマ花瓶

製品コレクション

ムーンプレート

《汗浸鋪澄碧朦朧吐玉盤》翡翠プレート

昔の文人は満月を玉盤で表現することが多かったです 。輪のような円盤のような鏡輪ような満月と、月の質 感やグラデーションに浸透する柔らかい水。水面に映 る輝く月をイメージし、光のパターンが異なる2種類 の容器をデザインし、金属加工を施して水の柔らかさ を表現し、水中の月のイメージを生き生きと再現しま した。

ムーンプレート

《汗浸鋪澄碧朦朧吐玉盤》翡翠プレート

昔の文人は満月を玉盤で表現することが多かったです 。輪のような円盤のような鏡輪ような満月と、月の質 感やグラデーションに浸透する柔らかい水。水面に映 る輝く月をイメージし、光のパターンが異なる2種類 の容器をデザインし、金属加工を施して水の柔らかさ を表現し、水中の月のイメージを生き生きと再現しま した。

湾曲型アロマ花瓶

金属の曲げ加工により繊細でエレガント な輪郭を作成し、柔らかく力強い視覚体 験を提供します。落ち着きのある花瓶キ ャンドルホルダーでもあり、優しい雰囲 気のディフューザーボトルでもあり、空 間に時代を超えた彫刻を感じさせます。

湾曲型アロマ花瓶

金属の曲げ加工により繊細でエレガント な輪郭を作成し、柔らかく力強い視覚体 験を提供します。落ち着きのある花瓶キ ャンドルホルダーでもあり、優しい雰囲 気のディフューザーボトルでもあり、空 間に時代を超えた彫刻を感じさせます。

純真ティーセット

板金曲げの技法と折り紙という子供の遊 び表現を出発点として、一連のティーセ ット製品を設計しました。

また、点線の工夫は板金加工の変換と軌 跡を表しており、日常的に使用する楽し さを物語っています。

純真ティーセット

板金曲げの技法と折り紙という子供の遊 び表現を出発点として、一連のティーセ ット製品を設計しました。

また、点線の工夫は板金加工の変換と軌 跡を表しており、日常的に使用する楽し さを物語っています。

キャニオン花瓶

キャニオン花器は、板金工場のレイカッ ト技術を使用して形状をカットし、峡谷 のような自然な模様を積み重ねる工芸品 です。設計者は、3Dモデリングを施行 し、その峡谷を階層化し、400枚以上の 異なる暑さの板金にレーザーマークを付 け、クランプと治具を使用して板金を一 枚一枚レーザーファイバー溶接技術でを 積み重ねて接合していました。スキップ 溶接および溶接プロセスでは熱変形を防 ぐためにガスが常に冷却され、また、レ ーザーファイバー溶接工程では溶融スラ グが発生しないため、研削によって製品 の美観を損なうことはありません。色は 黒と金で器具の高級感を演出し、色違い のコーティングにチタンメッキをバッチ で行い、それらを接合して板金工芸と芸 術を組み合わせた傑作品になりました。

キャニオン花瓶

キャニオン花器は、板金工場のレイカッ ト技術を使用して形状をカットし、峡谷 のような自然な模様を積み重ねる工芸品 です。設計者は、3Dモデリングを施行 し、その峡谷を階層化し、400枚以上の 異なる暑さの板金にレーザーマークを付 け、クランプと治具を使用して板金を一 枚一枚レーザーファイバー溶接技術でを 積み重ねて接合していました。スキップ 溶接および溶接プロセスでは熱変形を防 ぐためにガスが常に冷却され、また、レ ーザーファイバー溶接工程では溶融スラ グが発生しないため、研削によって製品 の美観を損なうことはありません。色は 黒と金で器具の高級感を演出し、色違い のコーティングにチタンメッキをバッチ で行い、それらを接合して板金工芸と芸 術を組み合わせた傑作品になりました。

Scroll to Top