Douxteel
について

工芸がそれぞれ異なり、
澄市は描写されている感覚に焦点を 当てております。
DOUXTEELという言葉は「DOUX」と「TEEL」の2つの 部分に分けられます。DOUX/DU/はフランス語で柔らか いことを意味しますが、XTEEL/STIL/はソマリア語で鋼 材、即ち英語のSTEELを意味します。この2つの異質な文 字の組み合わせは、「柔らかい鋼材」を意味するだけでな く、金属加工技術に対するDOUXTEELの専門性と無限の可 能性を表しています。DOUXTEELは「美」を優先し、冷た くて硬い金属を詩的で魔法の技法で「芸術」と「美」の両 方を兼ね備えた作品を生み出し、実用性に加えて優れた芸 術性も持たせています。DOUXTEELは、金属技術を完全に 使用して暮らしの中の最も快適な芸術品を開発し、高品質 の家庭用品により多くの外観を与えたことにより、暮らしを楽しむテイスターに単一の製品のより良い選択を持た せ、より個人的な生活体験を作り出すことができます。

Douxteel
について

工芸がそれぞれ異なり、
澄市は描写されている感覚に焦点を 当てております。

DOUXTEELという言葉は「DOUX」と「TEEL」の2つの 部分に分けられます。DOUX/DU/はフランス語で柔らか いことを意味しますが、XTEEL/STIL/はソマリア語で鋼 材、即ち英語のSTEELを意味します。この2つの異質な文 字の組み合わせは、「柔らかい鋼材」を意味するだけでな く、金属加工技術に対するDOUXTEELの専門性と無限の可 能性を表しています。DOUXTEELは「美」を優先し、冷た くて硬い金属を詩的で魔法の技法で「芸術」と「美」の両 方を兼ね備えた作品を生み出し、実用性に加えて優れた芸 術性も持たせています。DOUXTEELは、金属技術を完全に 使用して暮らしの中の最も快適な芸術品を開発し、高品質 の家庭用品により多くの外観を与えたことにより、暮らしを楽しむテイスターに単一の製品のより良い選択を持た せ、より個人的な生活体験を作り出すことができます。

構造化された無常に挑戦、
より特徴的なコレクションを複製

DOUXTEELは2016年に設立され、姉妹のAMANDAと VIVIANが共同創設者です。2014年に父親が急死したた め、2人の姉妹は30年近くの歴史を持つ板金加工工場を引き 継ぎ、女性の継承について楽観的ではないという状況で既 存の枠組みを打ち破り、翌年工場変革に成功してさまざま な国際認証を取得し、最高レベルの金属加工の専門技術を 開発し、板金工場の運命を逆転させ、父親の愛を続けまし た。父から澄茂板金工場を引き継いだ時、芸術を専攻とす るAMANDAは、どのように冷たい金属板を生命と温度で満 たすかと考え始めました。無限大の想像力、慎重な考慮、 細部への関心、挑戦する勇気、そして突破口への熱意…こ れらの性格は彼女の性格の中で最も魅力的な部分でもあ り、DOUXTEELのDNAでもあると言えます。

残り材料の処理はリサイクルではなく、
転売は”再設計”の始まりになります。

「伝統」と「革新」は、金属製造、芸術的創造、美的実践を 垂直統合していました。経営理念では、技術と美感を持つだ けでなく、「緑の錬金術」を主要なコアとし、工場で生産さ れた金属の余剰材料を再現し、環境保護を徹底し、常に社会 的責任を第一に考えているDOUXTEELは、循環経済と金属を 暮らしの美学に転換し、創業以来ずっと「”人”との緊密な 繋がりと絆を維持する」という本来の意図を守っておりま す。設計と量産の過程では、DOUXTEELは、専門的で特許を 取得した技術に基づき、ユーザーと専門スタッフの提案を採 用して使用機能と使用プロセスへの経験の満足度を最大化す ることだけが本当の「良いデザイン」であることを心から信 じております。そのプロセスは非常に複雑かも知れません が、それだからこそ「人」の視点から各作品をよく考え、よ く見ることができるでしょう。

澄市の美学-美を日常に取り入れる

2021年より、DOUXTEELの使命は本来の 「CHANGMORE」から「DOMORE」へと進化されまし た。DOUXTEELは、金属の優雅なスタイルを日常生活に取 り入れ、道具に生命力を付与することを使命とするだけで なく、更に人と物の繋がりについての物語を展開し、海外 市場を拡大しつづけ、DOUXTEELの美学への見解とより良 い生活への想像力を世界各地に輸出し、世界に影響力のあ る国際的なブランドを作り出し、ブランドを永遠に存続さ せ、金属産業研究開発センターが提供する専門技術の活用 と技術移転を進行したいと考えております。これらはすべ てDOUXTEELの目標であり、そして私たちの最大の期待で もあります。

TIME LINE タイムライン

2016
2017
2018
2019
2020
2021
Scroll to Top