https://www.douxteel.com/wp-content/uploads/2021/06/螢幕擷取畫面-2021-06-01-165113.jpg

2021 年 7 月 19 日

グランドハイアット台北との提携企画:Jewelry Box IN Hand

「食器とは美食のための衣装である。」グランドハイアット台北のエグゼクティブシェフ陳萬欽氏は器に素晴らしい解釈をもたらしました。生活において確かに飲食は最も大切なものであり、素晴らしい食器と優れた料理はどれもが生活に豊かさを添えてくれます。両者が交わることで生活はよりスタイリッシュでカラフルになるのです。今回Douxteelではグランドハイアット台北の宴会洋食チーフシェフ洪飛立氏と提携し、共に素晴らしい生活のエレガントな個性と洗練されたスタイルがマッチした態度を表現しました。生活における小さな幸せが、「食」と「アート」が互いに溶け合う中にはっきりと表現されています。

「実のところ初めてDouxteelの食器を目にした時、芸術品だと思いました。」BKと呼ばれる陳萬欽氏は、このセットの食器に対する印象をこう語っています。陳萬欽氏は私に思いもよらない答えをくれました。金属を材質とした食器はとても珍しく、BK自身、最初の反応は“この器は食べ物を盛り付けるのに適しているのだろうか?”であったそうです。その後食器の構造を見て、シェフチームは金属製の食器は非常に「落ち着いた」感覚がもたらされることを感じました。黒を好む洪飛立氏は、色彩を加えれば光沢のある黒い食器と食材の間により多くの相互コミュニケーションをもたらすことができると考えました。「ある種の互いに照り映えるような感覚です。」こうした多元的な色彩のメタリックな食器に「明かりをともす」ことができると述べています。ただしお互いにぶつかり合ったり誇張しすぎることはありません。

洪飛立氏の創作は「土地」を出発点としています。Douxteelの月盤は大小のさざ波のイメージであることから、生活感と強く結びついています。「それぞれの人の生活には様々な違いがあり、気にかけている事物にも違いがあります。これらの事物と互いに深くコミュニケーションをとれば、生活の中に多くの要素が増えたことを発見するでしょう。そしてより様々に変化し鮮やかなものとなるでしょう。」洪飛立氏の創作した3点の甘くない料理のセットのように、多元的な色彩を用いることで食べ物の味わいをより豊かに引き立たせ、生命の豊かさに色どりを添えているのです。

洪飛立氏の創作した3点の甘くない料理には、貝柱、炒めたポルチーニと東南アジアの調味料で味付けたタラバガニをミニトマトの中に埋め込み、上部にはイクラ、キャビアとサゴが添えられています。様々な円を用いて「円融」の意義を表現しています。また土地への視点から出発し、食器の持つ落ち着いた土壌への寛容性と融合させています。料理の生き生きとした色彩も創作のすばらしさを表現しています。BKは「ジュエリーボックス」のイメージで器と料理の関係を伝えています。月盤の上の生き生きとした輝きと透明感、色彩豊かな料理と、月盤の落ち着いた堅実さと組み合わせることで「観賞」の面白さを味わうことができます。「近距離から観察すれば様々な異なる詳細を見ることができます。全体から見れば、器との相互コミュニケーションは唯一無二であると言えます。」洪飛立氏はこうした組み合わせには、素晴らしい食べ物を食客の前に「お出しする」躍動感があると考えています。生活に密着し、自然な感覚に密着する。「私はこうした結びつきがとても好きなのです。」

Share on facebook
Share

最新文章

Scroll to Top